2019年度 通訳案内士等研修会

通訳案内士試験対策コース

募集要項
受講方法
研修スケジュール
カリキュラム



募集要項

研修内容
全国通訳案内士試験日程に沿って、過去問から出題傾向分析を行い、口述訓練も取り入れ、試験に向けての効果的な学習方法を身につけることを目指します。
また、昨年の初級者向けコースの動画をビデオライブラリーにて配信します。
◆本年度の試験日程
 願書受付:2022年6月1日(水)~7月11日(月)
 筆記試験:2022年8月21日(日)
 筆記試験合格発表:2022年11月10日(木)(予定)
 口述試験:2022年12月11日(日)
 最終合格発表:2023年2月3日(金)(予定)
 ※試験の申込についてはJNTOのHPをご覧ください。
研修言語
英語、中国語、韓国語
参加方法
オンライン(Zoom)、eラーニング(オンラインの録画配信)
参加要件
1. 北海道にお住まいの18歳以上方
2. 本年度または将来、全国通訳案内士(国家資格)の受験を目指している方
3. Zoomやeラーニングができるネット環境をお持ちの方
参 加 費
無料
講師について
東京の通訳案内士試験に特化したスクールTrue Japan Schoolの講師他
教材について
教材はダウンロード形式になります。必要に応じて各自プリントしてください。
この教材は研修会でのみ使用するものとし、他の目的での転載・転用を禁じます。
研修期間
2022年7月15日~
研修スケジュールをご覧ください。
研修回数
各言語共通科目 8回、言語別科目 4回 計12回
1日2コマ 
研修時間
1コマ60分(講義45分、質疑15分)
質疑がない場合は45分で終了します。
参加できるイベント
・受講者交流会(2022年12月中旬開催予定、参加費無料)
詳細は後日掲載します。
研修会お申込
下のボタンからお申込みください。
通訳案内士試験対策コース 申込フォーム

※お申込み後の内容の変更やキャンセルは原則受付けておりません。やむを得ない場合は事務局までお申出ください。
応募締切
2022年8月14日(日)

受講方法

オンライン受講について
・Zoomの利用が初めての方は、初回受講日までにご自身でアプリ設定のご準備をお願いいたします。お客様ご自身にて、Zoomにアクセスするためのウェブカメラ、マイク、スピーカーをご用意ください。
・当日ご参加いただくZoomのアクセスURLは、レッスン前日までにe-mailでお送りします。
・受講中は、Zoom上で顔・登録名が公開された状態となることがあります。ご自身で責任をもって確認のうえ、ご利用ください。
【重要】研修の様子をビデオ撮影し、eラーニング教材として使用します。その際、参加者の顔や声が映ることがありますので、あらかじめご了承ください。
・研修映像の録画・録音・撮影はご遠慮ください。また、あらかじめ閲覧条件に同意していただきます。
・Zoomに関するご質問は受け付けておりません。またZoomによって生じるエラーやトラブルについて、弊社では一切の責任を負いません。 よくあるご質問をご参照ください。
・都合によりオンライン受講できない場合はeラーニングで視聴していただけます(事務局へのご連絡は不要です)。7月16日(土)以降、オンライン参加でお申込みの方全員にeラーニングのユーザー名とパスワードをお送りします。受講方法はeラーニング受講についてをご確認ください。
eラーニング受講について
・eラーニングはオンラインレッスン日の翌日からご覧いただけます(「研修スケジュール」参照)。
・受講には専用サイトへのログインが必要です。ログイン用ユーザー名とパスワードは7月16日(土)以降、順次ご登録のアドレスにe-mailにお送りします。
【受講方法】トップページ をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力しご希望のレッスンを視聴してください。
・ユーザー名とパスワードは個人ごとに違います。それぞれの学習履歴は記録・保存しますので、他の方のアカウントでの視聴はできません。不正などがあればアカウントは停止されますのでご注意ください。
・研修映像のコピー・撮影はご遠慮ください。あらかじめ閲覧条件に同意していただきます。
・全レッスンを視聴し、研修映像を視聴後アンケートにお答えください。
・ご質問がある方は事務局にe-mail(interpreter@ec-mice.com)でお送りください。
・eラーニング映像は会場レッスンの後、無編集で視聴できるようにし、後日コンパクトに編集したものと差し替えます。
・eラーニング映像の最終視聴期限は2023年1月下旬までで、その間何度でも視聴ができます。

ページトップへ

研修スケジュール




カリキュラム

※講座の進行状況により、講座内容が一部変更となる可能性があります。

一般常識

一般常識① 
政治・経済、文化・スポーツ 
◆7月15日(金)14:00~15:00

一般常識①の講座では、二つの重要なテーマ、①内外の政治・経済、②現代文化・スポーツについて解説します。これらのテーマに関して、通訳案内士として知っておくべき基本情報と最近の動きを解説していきます。

一般常識② 
観光白書 
◆7月15日(金)15:10~16:10

一般常識②の講座では、2020年以降出題の割合が高まっている観光白書に焦点をあてて解説してます。具体的には、令和3年版および令和4年版観光白書のなかで、重要と思われる点の確認と補足情報を加えながら解説をしていきます。

講師
村上 堅治(True Japan School)
全国通訳案内士(英語)大手通訳案内士予備校にて1次試験対策(一般常識)、2次試験模擬面接演習を担当し、これまで多くの合格者を輩出してきた人気講師の1人。自身も米国の旅行会社のプロガイドとして、知識層専用のロングツアーを中心に大活躍中。大手金融グループの国際部門で40年間勤務した経験を持つ金融・経済の専門家でもあり、英国での駐在、エジンバラ大学院のMBA資格取得など海外経験も豊富である。近年は、模擬面接での的確ながらも親身で温かい指導をされることから、一部の受講生の間で、「ブッダ村上」の愛称で親しまれている。

ページトップへ

日本地理

日本地理① 
出題傾向・勉強法・日本の地形・東日本の観光地
◆7月21日(木)14:00~15:00

日本地理①の講座では、はじめに、近年の出題傾向と勉強法について解説します。その上で、北海道、東北、関東、中部地方から、試験に頻出かつ全国通訳案内士として知っておくべき観光資源について解説します。

日本地理② 
西日本の観光地・日本の世界遺産
◆7月21日(木)15:10~16:10

日本地理②の講座では、近畿、中四国、九州沖縄から、 試験に頻出かつ全国通訳案内士として知っておくべき観光資源について解説します。また、最後のまとめとして、日本の世界遺産について解説します。

講師
河島 泰斗(True Japan School)
全国通訳案内士(英語)。総合旅行業取扱管理者。京都大学卒。大学卒業後に公共政策コンサルタント会社に18 年間勤務し、世界文化遺産登録推薦書(文化庁)、国立公園管理・利用計画策定(環境省)等に従事。その後に観光業界に転職し現在に至る。True Japan Schoolでは「地理Basic」「地理歴史Advanced」「通訳案内の実務」の講義を担当。幼少の頃より地図を読むことと旅行が趣味で大学時代は地理学系の研究室に所属。30 代に入ってからは日本酒に開眼し、日本酒の製造・販売に1 年間従事した経験もある。
『全国通訳案内士試験 地理 合格!対策』、『全国通訳案内士試験 歴史 合格!対策」(いずれも三修社)の著者。

ページトップへ

日本歴史

日本歴史① 
◆7月24日(日)14:00~15:00

日本歴史①の講座では、2021年の問題を通じて、①周辺知識の確認と②問題の捌き方について解説いたします。通訳案内士試験の試験は、出題傾向がそれ以前とどう変わったのか、2022年の傾向と対策についても解説していきます。

日本歴史② 
◆7月24日(日)15:10~16:10

日本歴史②の講座では、観光的視点から通訳案内士として知っておきたい、歴史事項を中心に過去何回も出題されている人物や作品、さらには世界遺産や時事的なテーマ事項を視覚的に確認し、解説していきます。

講師
矢﨑 聖 (True Japan School)
歴史検定1級。主に大学受験予備校を中心として25年以上にわたり日本史を担当。模試・テキストの執筆・校正・校閲、参考書の校正・校閲など多岐にわたり受験業界に従事し、数年前からは公務員試験の対策講座で人文科学なども担当し、現在も社会人から高校生まで幅広く指導。過去問分析と的中率の高さは随一。予備校講師としての視点を生かし、歴史的知識や教養をつけるのはもちろんのこと、データに基づいて「どう出題されるのか」「何が頻出なのか」などを示していく超合理的授業により得点力アップをめざす。

ページトップへ

通訳案内の実務

通訳案内の実務 ① 
◆7月28日(木)13:00~14:00

通訳案内を行う上で必要とされる法律関係の知識について整理します。
(1) 通訳案内士法・旅行業法等に関する知識
(2) 旅程管理の実務

通訳案内の実務 ② 
◆7月28日(木)14:10~15:10

通訳案内の実務において起こり得る様々な事柄に対する正しい知識と適切な対応について整理します。
(3) 危機管理と事前調査
(4) 災害発生時等における適切な対応
(5) コンプライアンス
(6) 外国人ごとの生活文化への対応(宗教上の注意点、食事制限の知識、文化別・国別の特徴)
(7) その他

講師
成田 雅昭 (札幌国際大学総合研究所特別研究員・入試企画室)
【資 格】全国通訳案内士(英語)、学芸員資格
【略 歴】2013年 通訳案内士(ガイド)としての仕事開始
2013〜15年 マレーシア・マラヤ大学教員(文部科学省派遣)
2015年 札幌国際大学 理事長顧問、2016年 同 アドバイザー
2017年 同 観光学部教授(国際観光学科)、同 国際センター・チームリーダー(国際交流・留学)
2018・2020年 同 国際観光学科・学科長 
2022年 同 総合研究所特別研究員・大学入試企画室 
【実績】北海道大学キャリアセンター教員志望ガイダンス講師、札幌大谷大学・非常勤講師
「地域の観光人材のインバウンド対応の対応能力強化研修」(観光庁事業)講師
詩集「港に向かいて」飜訳(マレーシア詩人(ズリナー・ハッサン))
2017冬季アジア・スポーツ大会札幌大会公式通訳 他

ページトップへ

英語

筆記試験対策① 
◆7月19日(火)13:00~14:00

筆記試験まで、あと1か月となりました。ちょうどエンジンがかかってくる頃ですね。このタイミングで試験日目指して集中モードに入りたいですね。「ゾーン」に入るためのきっかけを作っていきましょう。

筆記試験対策② 
◆7月19日(火)14:10~15:10

どんな試験においても、最初にやることは過去問検討です。出題傾向がわかれば勉強法もつかめます。英語試験対策コースでは、2コマを使って過去問を詳しく解説していきます。過去問を制すものは試験本番を制す!

口述試験対策① 
◆11月7日(月)13:00~14:00

12月11日の口述試験まであと1か月となりました。このタイミングで、準備を加速させていきましょう!まずは口述試験の流れを把握、そして過去出題例を見ながら頻出トピックについても押さえていきます。

口述試験対策② 
◆11月7日(月)14:10~15:10

口述試験には2つの柱、①プレゼンテーション②外国語訳があります。それぞれについてどのような準備をしていくと良いのか確認しましょう。また実際の口述試験の流れを踏まえて、模擬試験形式で回答を練習します。

講師

岩崎 修子
【資 格】全国通訳案内士(英語)、旅程管理主任者、英検1級、国連英検A級、仏検2級、DELF B1、英語教員免許
【略 歴】2005年フリーランスの英語通訳者として、その後会議通訳(同時通訳)者として稼働。
2007年全国通訳案内士試験合格後はガイドとしても活動を始め、また高等教育機関や通訳者及び通訳案内士育成講座、インバウンド関連講座などで講師も務める。
【実 績】講師として~北海道通訳アカデミー非常勤講師。北海道通訳案内士育成講座には初回より継続して関わる。
またこれまでに札幌医科大学、札幌大学、北星学園大学、札幌国際大学などで非常勤講師やゲスト講師を務め、官公庁主催の様々なインバウンドおもてなし関連講座にも講師として参加。
通訳案内士として~クルーズ船エクスカーションの他、FIT(個人旅行客)、FAM トリップ、一般団体、家族グループ、海外旅行エージェントの視察等々、世界中の国からのお客様をガイド。 
会議通訳者として~大学学術関係、政府関連、産業商業関係のシンポジウム、セミナー、国際会議、調査視察や、スポーツ・芸術関連のイベント・レセプションなどでの逐次&同時通訳を数多く担当。

ページトップへ

中国語

筆記試験対策① 
読解問題と中文和訳問題
◆7月29日(金)14:00~15:00

筆記試験の概要を説明した上で、過去問の練習を通じて語彙力を付ける方法を紹介する。また、接続詞、基本語順などの基本文法を復習し、簡単な応用練習も行う。最後に、時間を計って短文読解の練習問題を解く。

筆記試験対策② 
会話中訳問題と説明問題
◆7月29日(金)15:10~16:10

日本の文化・社会・観光に関する会話や短文の中訳練習を行う。過去問を取り入れた練習問題を通じて、必要な専門知識や一般常識などを復習する。特に正しく翻訳できるために、間違えやすい中国語表現を説明する。

口述試験対策① 
プレゼンテーション問題の過去問および模擬演習
◆11月24日(木)14:00~15:00

口述試験の概要を説明した上で、プレゼンテーションの過去問からテーマを選んで、プレゼンテーションの内容の組み立てから質疑応答のポイントまで、詳しく説明しながら、二人の講師で模擬演習を行います。

口述試験対策② 
通訳問題の過去問および模擬演習
◆11月24日(木)15:10~16:10

口述試験の通訳問題の過去問を通じて、中国語の聞き取り、発音および表現力を強化すると同時に、ガイド現場で通訳案内士に必要なホスピタリティーのある臨機応変な対応について具体的に学びます。

講師
森若 裕子
【資 格】2008年より全国通訳案内士(中国語、英語)
【略 歴】1989年 藤女子大学文学部国文学科卒業
1997年 国立台湾大学人類学修士課程修了
2006年 北海道中央バスの定期観光バス 通訳アシスタント
2011年より藤女子大学非常勤講師
【実 績】2014年 台湾高雄市観光プロモーションの司会通訳(札幌)
2015年より北海道観光振興機構主催の通訳案内士研修会で講師担当
2017年 冬季アジア札幌大会の公式通訳者
2021年 観光庁のインバウンド対応能力強化研修講師
【著 作】2017年『中国語でペラペラ北海道』札幌中国語工房著(共著)北海道新聞社
2021年『初級中国語 校园故事キャンパス物語』(共著)松柏社 



谷 茜
【資 格】全国通訳案内士(中国語)2018年登録、札幌特区通訳案内士2015年登録、旅程管理主任者2015年登録
【略 歴】2018年~通訳案内士としてフリーランスで活動中
【通訳実績】北海道観光振興機構プロモーション事業同行通訳
札幌市役所震災対応支援通訳・翻訳
日中高校生友好交流活動(北海道エリア)メイン通訳
中国四川省行政管理学教授視察団学術通訳
日中韓三カ国人事行政ネットワーク・トップ会談エスコート通訳
中国国務院日本高齢者福祉視察団同行通訳
【講師実績】2018~2020年度通訳案内士チャレンジ研修会中国語講師
2019、2020年度通訳案内士研修会スキルアップ研修会中国語講師
2020年度通訳案内士研修会模擬バスツアー中国語講師
2021年度外国語ガイド研修中国語講師

ページトップへ

韓国語

筆記試験対策① 
◆7月25日(月)13:00~14:00

8月の通訳案内士試験(全国)に向けた対策コースです。2020年度の試験の問題を解説します。JNTO(日本観光局)のホームページに載っている試験問題を必ず全て解いてから授業に参加願います。

筆記試験対策② 
◆7月25日(月)14:10~15:10

8月の通訳案内士試験(全国)に向けた対策コースです。2021年度の試験の問題を解説します。JNTO(日本観光局)のホームページに載っている試験問題を必ず全て解いてから授業に参加願います。

講師
松田 由紀
【資 格】全国通訳案内士(韓国語)
【略 歴】 北星学園大学、藤女子大学、札幌市立大学、北海道大学 韓国語非常勤講師
キムデギュン著「TOEIC L&R TEST『正解』が見える86のコツ」(講談社)の翻訳(2018年3月発行)
【通訳実績】中国吉林省延辺朝鮮族自治州にて脱北者取材(2回)、韓国大統領選挙取材、
南北離散家族再会事業取材、水産庁マグロ類漁獲に関する日韓実務者会議通訳、
韓流シネマフェスティバルプレス通訳、日本ヨーガ療法学会会議通訳、
日本マスコミュニケーション学会・韓国言論学会合同「北朝鮮報道と日韓メディア」シンポジウム通訳、その他札幌地方裁判所における法廷通訳、札幌弁護士会被告人接見通訳、
韓国京畿北部弁護士会との交流会・勉強会における通訳(隔年計5回)など



口述試験対策① 
◆12月8日(木)13:00~14:00

合格者としての体験を元にした面接試験の詳細情報、対策、過去問情報などの口述試験に役立つ情報について語る。
2次口述面接試験の詳細について、ガイドラインの説明と分析、試験室の様子及び雰囲気などを実際の手順に沿ってシミュレーションする。

口述試験対策② 
◆12月8日(木)14:10~15:10

過去問題の解説と分析及び練習を通じて、自信をつける。
「プレゼンテーション問題」、「日本語の韓国語訳問題」、「シチュエーション(ホスピタリティ)問題」に加え、通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳、全国通訳案内士として求められる対応について語ってみる。

講師
成 大永(ソン デヨン)
【資 格】全国通訳案内士(韓国語)、国内旅行業務取扱管理者
国内旅程管理主任者、北海道観光マスター
(以下は韓国の国家資格)観光通訳案内士(日本語)、国内旅行案内士
韓国語教員3級免許、韓国語教育能力検定合格、韓国史能力検定試験1級
【略 歴】 1998年3月 熊本学園大交換留学生1年修了
1997年8月 大田大学日本語文学科卒業
1998年3月 熊本県立大学院文学研究科研究生1年修了
2016年 (株)シャープソウル代理店にてFAE(16年勤務)退職
2017年 札幌へ移住
現、北海道ドライビングガイド、韓国語教育、技術通訳に携わる
【実 績】2017年~2020年 北海道韓国インバウンドツアーガイド 約300回
1996年~1997年 九州韓国インバウンドツアーガイド 約10回
1995年 韓国内日本インバウンド向けツアーガイド 約10回
その他、IT、電子、半導体、自動車関連の技術通訳翻訳多数

ページトップへ

お問い合わせ
観光人材育成事業(外国語ガイド研修) 運営事務局:
株式会社 イー・シー 
〒060-0807 札幌市北区北7条西4丁目8-3 北口ヨシヤビル5F
Tel.011-299-5910 Fax.011-299-5911 interpreter@ec-mice.com

主催:公益社団法人北海道観光振興機構


ページのトップへ戻る